巻末付録

巻末付録

xoops Smarty変数一覧

(引用 XOOPS Cube 東海 コミュニティ http://xc-tokai.net/)

XOOPSで標準で出力されてるSmarty変数(テーマ・テンプレート変数)です。

<{$xoops_url}>

xoopsサイトのURLを表示します。 ( = XOOPS_URL )

例 : http://www.xoops.org (最後に"/"が付かないところに注意。)

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_rootpath}>

XOOPSのルートパスを表示する。 ( = XOOPS_ROOT_PATH )

例 : /virtual/hogehoge/public_html (最後に"/"が付かないところに注意。)

--------------------------------------------------------------------------------

<{$SCRIPT_NAME}>

アクセス中のファイル名を表示する。

例 : /modules/news/index.php

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_requesturi}>

アクセス中のURIを表示する。

例 : /modules/news/article.php?storyid=29

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_upload_url}>

uploadsディレクトリのURLを表示する。 ( = XOOPS_UPLOAD_URL )

例 : http://(XOOPS_URL)/uploads (最後に"/"が付かないところに注意。)

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_imageurl}>

現在のテーマまでのURLを表示する。 ( = XOOPS_THEME_URL . "/" )

例 : http://(XOOPS_URL)/themes/default/

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_theme}>

テーマのディレクトリ名を表示する。

例 : default

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_themecss}>

style.cssのURLを表示する。

例 : http://(XOOPS_URL)/themes/default/style.css

<{$xoops_charset}>

文字セットを表示する。(METAタグ用)

『system管理画面 > 一般設定 > 一般設定 > 「使用言語」』で設定されます。

例 : "iso-8859-1", "UTF-8" ,"EUC-JP"

テーマ記述例 :

<meta http-equiv="content-type" content="text/html; charset=<{$xoops_charset}>" />

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_langcode}>

言語コードを表示する。

『system管理画面 > 一般設定 > 一般設定 > 「使用言語」』で設定されます。

例 : "DE", "EN" ,"ja"

テーマ記述例 :

<meta http-equiv="content-language" content="<{$xoops_langcode}>" />

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_meta_keywords}>

METAタグ/フッタ設定のキーワードを表示する。(METAタグ用)

『system管理画面 > 一般設定 > METAタグ/フッタ設定 > 「METAタグ(キーワード)」』で設定されます。

テーマ記述例 :

<meta name="keywords" content="<{$xoops_meta_keywords}>" />

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_meta_description}>

METAタグ/フッタ設定のdescriptionを表示する。(METAタグ用)

『system管理画面 > 一般設定 > METAタグ/フッタ設定 > 「METAタグ(Description)」』で設定されます。

テーマ記述例 :

meta name="description" content="<{$xoops_meta_description}>" />

--------------------------------------------------------------------------------

<{$meta_copyright}>

METAタグ/フッタ設定のコピーライトを表示する。(METAタグ用)

『system管理画面 > 一般設定 > METAタグ/フッタ設定 > 「METAタグ(コピーライト)」』で設定されます。

テーマ記述例 :

<meta name="copyright" content="<{$xoops_meta_copyright}>" />

--------------------------------------------------------------------------------

<{$meta_robots}>

METAタグ/フッタ設定のRobotsを表示する。(METAタグ用)

『system管理画面 > 一般設定 > METAタグ/フッタ設定 > 「METAタグ(ROBOTS)」』で設定されます。

テーマ記述例 :

<meta name="robots" content="<{$xoops_meta_robots}>" />

--------------------------------------------------------------------------------

<{$meta_rating}>

METAタグ/フッタ設定のRatingを表示する。(METAタグ用)

『system管理画面 > 一般設定 > METAタグ/フッタ設定 > 「METAタグ(RATING)」』で設定されます。

テーマ記述例 :

<meta name="rating" content="<{$xoops_meta_rating}>" />

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_meta_author}>

著者の名前を表示する。(METAタグ用)

『system管理画面 > 一般設定 > METAタグ/フッタ設定 > 「METAタグ(作成者)」』で設定されます。

テーマ記述例 :

<meta name="author" content="<{$xoops_meta_author}>" />

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_module_header}>

モジュール毎に独自に設定されたheader を表示する。

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_js}>

XOOPS javascript codeを表示する。

<{$xoops_sitename}>

サイトの名前を表示する。

『system管理画面 > 一般設定 > 一般設定 > 「サイト名」』で設定されます。

テーマ記述例 :

<title><{$xoops_sitename}> - <{$xoops_pagetitle}></title>

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_slogan}>

スローガンを表示する。

『system管理画面 > 一般設定 > 一般設定 > 「サイト副題」』で設定されます。

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_pagetitle}>

サイトの副題を表示する。

トップページ(index.php)などxoopsルートファイルでは、『system管理画面 > 一般設定 > 一般設定 > 「サイト副題」』で設定された名称が表示されるが、

モジュール内においては、『system管理画面 > モジュール管理』で付けられたモジュール名が表示される。

また、モジュールによっては、独自に設定しているモノもあるので注意する事。

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_banner}>

バナーを表示する。

『system管理画面 > バナー管理』で設定されたバナーを表示する。

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_version}>

XOOPSのバージョンを表示する。

例 : XOOPS 2.0.11 RC1

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_modulename}> ★新機能(XOOPS-JP2.0.11より追加)

アクセス中のモジュール名を表示する。

『system管理画面 > モジュール管理』で付けられたモジュール名が表示される。

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_dirname}> ★新機能(XOOPS-JP2.0.11より追加)

アクセス中のモジュールディレクトリ名を表示する。

例 : "newbb" "news"

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_contents}>

コンテンツを表示。各モジュールのページがここに表示される。

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_footer}>

フッターを表示する。

『system管理画面 > 一般設定 > METAタグ/フッタ設定 > 「フッタ」』で設定されます。

<{if $xoops_showlblock == 1}>

左ブロックを表示する選択があるかチェック。

左ブロックに表示可能なブロックがあれば、 $xoops_showlblock は "1" を返して、<{if}>内が表示される。

--------------------------------------------------------------------------------

<{foreach item=block from=$xoops_lblocks}>

<{$block.title}>

<{$block.content}>

<{$block.weight}>

<{/foreach}>

左ブロックを表示するためのコード

--------------------------------------------------------------------------------

<{if $xoops_showcblock == 1}>

中央ブロックを表示する選択があるかチェック

中央ブロックに表示可能なブロックがあれば、 $xoops_showcblock は "1" を返して、<{if}>内が表示される。

--------------------------------------------------------------------------------

<{foreach item=block from=$xoops_ccblocks}>

<{$block.title}>

<{$block.content}>

<{$block.weight}>

<{/foreach}>

中央ブロック-中央を表示するためのコード

--------------------------------------------------------------------------------

<{foreach item=block from=$xoops_clblocks}>

<{$block.title}>

<{$block.content}>

<{$block.weight}>

<{/foreach}>

中央ブロック-左を表示するためのコード

--------------------------------------------------------------------------------

<{foreach item=block from=$xoops_crblocks}>

<{$block.title}>

<{$block.content}>

<{$block.weight}>

<{/foreach}>

中央ブロック-右を表示するためのコード

--------------------------------------------------------------------------------

<{if $xoops_showrblock == 1}>

右ブロックを表示する選択があるかチェック

右ブロックに表示可能なブロックがあれば、 $xoops_showrblock は "1" を返して、<{if}>内が表示される。

--------------------------------------------------------------------------------

<{foreach item=block from=$xoops_rblocks}>

<{$block.title}>

<{$block.content}>

<{$block.weight}>

<{/foreach}>

右ブロックを表示するためのコード

--------------------------------------------------------------------------------

<{$block.title}>

『system管理画面 > ブロック管理』で設定された「ブロックタイトル」を表示する。

-------------------------------------------------------------------------------

<{$block.content}>

各ブロックのコンテンツを表示する。

<{$block.weight}> ★新機能(XOOPS-JP2.0.11より追加)

『system管理画面 > ブロック管理』で設定された「並び順」を表示する。

<{$xoops_isadmin}>

訪問者が管理者ならTrueを返す

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_isuser}>

訪問者がログインユーザーならTrueを返す

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_userid}>

登録者のユーザーIDを表示する。

--------------------------------------------------------------------------------

<{$xoops_uname}>

登録者のユーザー名を表示する